Column

矯正歯科コラム

矯正の治療費は何で構成されている?

コラム203

原則として、歯科矯正は自由診療です()。

自由診療のため、クリニックごとに自由に矯正治療費を設定できます。

)先天性の無歯症など、国が指定する疾患に該当する場合は保険で歯科矯正を受けられるケースがあります。

 

矯正治療費を構成する要素

①相談料(カウンセリング料、初診料)

030,000円程度

相談料とは、矯正治療を受けるかどうかを決める相談の際にかかる料金です。

近年では無料相談を実施するクリニックが多く、相談料は無料のところもあります。

②検査料

30,00050,000円程度

検査料とは、矯正に必要な精密検査にかかる料金です。

矯正では歯科用CT、口腔内スキャナー、口腔内写真などの精密機器を用い、精密検査を行います。クリニックによっては「CT検査料」など、CT検査に別料金を設定しているところもあります。

③診断料

30,00050,000円程度

診断料とは、矯正を担当する歯科医師が診断を行うときにかかる料金です。

矯正を成功に導くためには歯科医師が適切な診断を行い、それぞれの患者様に合った治療計画を立てることが重要です。

④装置料

200,0001,200,000円程度

装置料とは、ワイヤー装置(ブラケット装置)やマウスピースなど、歯科矯正で用いる矯正装置にかかる料金です。

矯正治療費を構成する要素の中では、装置料が一番大きな割合を占めます。

⑤調整料(処置料)

5,00010,000円程度(1回につき:都度払い式の場合)

調整料(処置料)とは、矯正中の定期通院にかかる料金です。

矯正中は、ワイヤー矯正の場合は1ヶ月に1回のペースで通院いただき、歯科医師がワイヤーを締め直して調整を行います。

マウスピース矯正では原則として調整は行いません()。定期通院の際は次に使うマウスピースをまとめてお渡しします。

)奥歯の圧下を防ぐためにマウスピースを切り取るなど、歯の状態によっては調整・処置を行う場合があります。

定期通院の際には装置の締め直しor新しいマウスピースをお渡しすると共に、歯科医師が歯の動き方や虫歯・歯周病の有無、歯・歯周組織に異常はないかを確認します。

通院時には、ワイヤー矯正では歯のクリーニングも行います。マウスピース矯正の場合は、歯の汚れが多くなければ定期通院時の歯のクリーニングは行わないケースもあります。

⑥保定装置料(リテーナー料)

10,00050,000円程度

保定装置料とは、矯正治療後に行う保定で用いる保定装置(リテーナー)にかかる料金です。

矯正治療で歯並びを整えた後は、保定装置を用いて保定を行い歯の後戻りを防ぎます。後戻りを防ぐと共に、保定には矯正で整えた新しい歯並びを身体に馴染ませる役割もあります。

⑦保定管理料

5,0008,000円程度(1回につき:都度払い式の場合)

保定管理料とは、保定中の定期通院にかかる料金です。

矯正中と同様に、保定中は定期的に通院をしていただきます。保定中の通院時には、歯並びが後戻りしていないかを歯科医師がチェックすると共に、虫歯・歯周病の有無、歯・歯周組織に異常はないかを確認します。

⑧抜歯処置、虫歯・歯周病治療、装置の紛失時の新品購入などにかかる費用

矯正では、上記以外にもさまざまな費用が発生することがあります。

歯を動かすために抜歯が必要な場合は抜歯処置料がかかります。虫歯・歯周病治療も同様です(必要な場合)。マウスピースをなくしてしまったときや、ワイヤー装置(ブラケット装置)を壊してしまった場合も新品を購入するための費用が発生することがあります。

矯正治療費が大きいのはボッタクリ?

◎矯正は長い期間がかかる歯科治療であり、さまざまな理由から、費用が大きくなります

矯正治療は大きな費用がかかります。費用の大きさから、「ボッタクリでは」と感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

歯科矯正で大きな費用がかかる理由は、矯正が長い期間を必要とする、難しい歯科治療であるためです。長い期間に加え、矯正に用いる装置も機能性・安全性を考慮して繊細に作られており、高額な仕入れ費用がかかります。

歯科矯正は難しい歯科治療です。難しい歯科治療である矯正を成功に導くためには、歯科医師に矯正に関する一定水準以上の知識と技術が求められます。

矯正に関する一定水準以上の知識と技術を身につけるには、長い年月をかけて歯科矯正を学ぶ必要があります。

歯科医師のスキルが必要なのはもちろんのこと、歯科用CT、口腔内スキャナーなど、患者様の歯並びや顎の形を見極めるための精密機器も欠かせません。精密機器の導入費用のほか、スタッフの人件費、家賃、水道光熱費や広告費など、歯科医院の運営費用もかかります。

上記の理由から、歯科矯正は費用が大きくなります。けっして、ボッタクリで不当に費用を吊り上げているのではありません。

当院では患者様のご予算を最大限に考慮した上で、高額になり過ぎないように留意し、最低限必要な料金に基づいて適正に矯正治療費を設定しております。

【マウスピース矯正「インビザライン」のご紹介】

当院の歯科矯正(成人矯正)はマウスピース矯正「インビザライン」による治療を行っています。

インビザラインは透明なマウスピースで目立ちにくい点が特徴です。目立ちにくさに加え、矯正中の痛みが少ない、取り外し可能で矯正中もいつもどおりの食事を取れるなど、インビザラインには従来のワイヤー矯正にはないたくさんのメリットがあります。

インビザラインのお支払い方法は現金・クレジットカード・デンタルローンの3種類をご用意しております。クレジットカード・デンタルローンで分割払いにすることで一括払いのご負担を軽減できます()。

)デンタルローンをご利用の際は審査が必要です。

歯並びの乱れや矯正のクリニック選びでお困りの方は神奈川県小田原市の白山歯科クリニックまでお気軽にご相談ください。相談費は無料です。

カウンセリングでは患者様の現在のお悩みをお伺いし、それぞれの方に合った治療方法・予算について丁寧にわかりやすくご説明させていただきます。

白山歯科クリニック院長

田賀 紀広